コンテンツメニュー

XoopsCubeLegacy を使いましょ~♪
    インストールしよう~♪
      ディストリビューション pack2011(XoopsX)
        ディストリビューションpack2011をインストールしよう!
        pack2011にアップグレードしよう!
        XCLのデザイン変更
        デザイナーの為のXOOPSマニュアル
          プロWEB制作者向けXOOPS基礎実習
          今日からあなたもテーマ職人
          basic5を3カラム対応に改造する
          ローカル環境
            WARP
            テーマ
              Colors2x
              Colors3x

              テーマ選択

              screenshot

              (59 テーマ)

              pack2011にアップグレードしよう!

              2-5-1 pack2011のダウンロードと解凍、XAMPPに再現したサイトへの上書き

              pack2011のダウンロードと解凍

               では、まずは・・・pack2011のダウンロードから、ですね。
               詳しくは、下記リンクの記事をご覧ください。
                 http://xoops123.com/modules/pico/index.php?content_id=37

               ダウンロードが完了したら、zipファイルを解凍しましょう。もちろん、ディレクトリ付きで解凍します。
               2011.11末現在では、pack2011のバージョンはRev259で、解凍するとxoopscube22x-Rev259というフォルダが出現しますが、さらにその下にxoopscube22x-Rev259というフォルダが出てくる場合もありますので、そのフォルダを開いてみてください。



               docs、extras、html、xoops_trust_pathと4つのフォルダが出てきます。

              XAMPPに再現したサイトへの上書き

              htmlフォルダにあるファイルで上書きする
               解凍したフォルダにあるhtmlを開きます。

               htmlフォルダ内にあるファイル(とフォルダ)でXAMPPにあるXOOPS_ROOT(ここではZ:/xampplite/htdocs/xcl218)に上書きするのですが、次の3つについては、上書きの必要がないので注意が必要です。
              installフォルダ
              mainfile.phpファイル
              favicon.icoファイル

               誤って上書きする心配があるなら、先にこの3つを削除してから、作業するのも良いかもしれません。(そちらの方がおすすめです。)

               favicon.icoは、ブラウザのアドレス欄の先頭などに表示されるアイコンですが、もしpack2011のものを使いたいなら、既存のものに上書きしましょう。

               と、ここでひとつ注意しておくことが・・・

               pack2011には、次のモジュールがパックされていますが・・
              pico(静的ページ作成)
              Bulletin(ニュース)
              D3forum(フォーラム)
              Xpress(ブログ)
              xpWiki(Wiki)
              d3pipes(RSSリーダー)
              GnaviD3(マップ)
              pack2011ではいずれも最新のものが採用されていますし、場合によってはオリジナルのものに工夫を加えているものもあったりするようです。

               そのため、もし、あなたのサイト(XAMPPに再現したサイト)でこれらのモジュールを使っている場合には、pack2011のモジュールにて上書きする必要があるのですが、ご存じのとおりD3モジュールの場合はディレクトリ名を任意のものに変更可能ですし、複製も出来る構造となっていますので、ご自分のサイトの状況に応じて、html側のモジュールフォルダ(ディレクトリ)の名前を変えるとか、複製してリネームするなどの作業が必要となります。

               準備はOK? では、作業しましょう。ものの数分で終わるはずです。
              xoops_trust_pathフォルダにあるファイルで上書きする
               次は、xoops_trust_pathです。
               再現したサイトにxoops_trust_pathがある場合は、pack2011のxoops_trust_pathフォルダにあるファイルとフォルダ全体をXAMPP側のxoops_trust_pathに上書きしましょう。

               もし、xoops_trust_pathが利用されていない場合は、XAMPPのhtdocsと同じ階層にxoops_trust_path をフォルダごとコピーしてください。
               
              アップグレード用プリロードファイル upgrade22.class.phpのコピー
               最後に、アップグレード用のプリロードファイル upgrade22.class.php をローカル環境「どこでもXAMPP」のプリロード用フォルダ Z:/xampplite/htdocs/xcl218/preload にコピーしてください。

               upgrade22.class.phpは、解凍して出来上がったextrasフォルダ内の


              extra_preloadフォルダに入っています。

               
              • 2-8 やっておくべき作業
                2-8 やっておくべき作業   ここからの作業は、できるだけ早めに行った方がサイト閉鎖の時間が短くて「吉」 ですね。   ローカル環境のときと同じように、サイトの状態を確認・動作検…続きを読む (2011-12-4)  
              • 2-9 もし、上手く行かなかったら・・・
                2-9 もし、上手く行かなかったら・・・  一度、サイトを真っ新の状態にして、ローカル環境に構築したサイトをそっくり実サーバにアップロードして、データベースも新規作成してローカル環…続きを読む (2011-12-4)  
              • 2-10 上手くアップグレードできたら、いざ公開!
                2-10 上手くアップグレードできたら、いざ公開!  うまくアップグレードが完了できましたか? 大丈夫でしたか?  では、これで全て完了です。  管理画面の「互…続きを読む (2011-12-4)  

              コメント一覧

              投稿ツリー


              新しくコメントをつける

              題名
              ゲスト名
              投稿本文
              より詳細なコメント入力フォームへ
              masahiro   投稿日時 2012/6/11 0:08

              marineさん、こんばんは。

              なるほど、XOOPS X でもinstallディレクトリやmainfile.phpに気をつければアップグレードに使っても問題無いのですね。
              どうもありがとうございました。

              データはバックアップを取って既存のサイトをローカル環境に再現するところまでは出来ましたので、XOOPS X でアップグレードしてみます。
              また何かありましたら(無いことを祈りますが ^^;)よろしくお願いいたします。

              marine  投稿日時 2012/6/10 22:52 | 最終変更

              masahiro さん、こんばんは。

              XOOPS X をアップグレードに使うとのことですが、これについてもXCL2.2の最新のものを使っていますので、何ら問題ないと思いますよ。
              「初めてインストールされる」云々については、installディレクトリが含まれているとか、mainfile.phpが入っているという点について注意すれば、、アップグレードに使うことに問題ないですね。(FTPでアップする際に、installディレクトリとmainfile.phpをアップしないということですね)

              ただ、まずは既存のデータをバックアップしてから、作業するようにしてくださいね。

              masahiro   投稿日時 2012/6/10 17:53

              はじめまして。

              XCL2.1 から XCL2.2 へのアップグレードを、こちらを参考に行っているのですが、XOOPS X (ten)はアップグレード用として使えますか?

              http://www.xugj.org/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=216

              には「初めてインストールされる方や、媒体・ホスティング会社向けのパッケージとなっております。」と書かれているので、最新版とはいえこれを使うことに躊躇しております。
              xoopscube22x-Rev259 を使った方が安全でしょうか?

              よろしくお願いいたします。