コンテンツメニュー

XoopsCubeLegacy を使いましょ~♪
    インストールしよう~♪
      ディストリビューション pack2011(XoopsX)
        ディストリビューションpack2011をインストールしよう!
        pack2011にアップグレードしよう!
        XCLのデザイン変更
        デザイナーの為のXOOPSマニュアル
          プロWEB制作者向けXOOPS基礎実習
          今日からあなたもテーマ職人
          basic5を3カラム対応に改造する
          ローカル環境
            WARP
            テーマ
              Colors2x
              Colors3x

              テーマ選択

              screenshot

              (59 テーマ)

              pack2011にアップグレードしよう!

              2-6-1 管理画面が文字化け? (言語定数の設定変更)

               ということで、まずは管理画面を見てみましょう。
               ・・・と、ローカル環境でアップグレードしたサイトの管理画面を見たら、なんだかいきなり「文字化け?」状態ですね。



               _AD_LEGACY_SYSTEMINFO って、何? 文字化け? って思うかも知れません。

               実はコレ、文字化けじゃなくって「言語定数」がそのまま表示されてしまっているのです。
               原因は「言語定数」に対応するlanguageファイルがない、ためです。

               XOOPSでは、まずプログラムの中で「ある言葉」を表示させる部分に「言語定数」を書いておき、それに対応する言葉をlanguageファイルから引っ張ってきて表示させているんですね。つまり、そのような構造になっているからこそ、色々な言語で表示できるシステムになっているという訳です。

               「じゃあ、どうするの?」
               ですよね。では、今から作業をしてみましょう。

               読めそうなところをよく見てみると・・・



               おっと、使用言語が japanese になっていますここは、utf-8になっていないといけないのに・・・まあ、とりあえずサクッと作業を進めましょう。

               管理画面の「互換モジュール」「全般設定」を表示してください。



               おお~ 使用言語がjapaneseになっていますねぇ・・・



               確かに日本語には違いないんですが・・・



               ここは、ja_utf8に変えて、下の方にある「送信」ボタンを押し、反映させてください。

               実はコレ、インポートしたSQLファイルの中にこうなる原因があったんですね。今回の場合、194行目から始まるconfig設定のなかにありました。
               
              -- テーブルのデータをダンプしています `d13d62_config`
              (3, 0, 1, 'language', '_MD_AM_LANGUAGE', 'japanese', '_MD_AM_LANGUAGEDSC', 'language', 'other', 4),

               ここに、japaneseという記述がありますね。
               本当は、ここを
              (3, 0, 1, 'language', '_MD_AM_LANGUAGE', 'ja_utf8', '_MD_AM_LANGUAGEDSC', 'language', 'other', 4),
              つまり、ja_utf8としておくべきだったのですね。

               でも、ここについては、今回のように後で管理画面で変更することもできるのでOKです。(もちろん、先にSQLファイルを修正しておく方がベストですけど)



               あれっ? プリファレンスなんて画面になって、システム情報が出ないジャン!?
               確かに、元の画面に戻ってくれませんね。

               でも、ここはあわてず 画面の一番左上の「XOOPS Cube Administration」をクリック しましょう。



               はい、管理画面のトップページが表示されました。
               「言語定数」もちゃんと対応する文字に置き換わっていますね。
               
              •   »  2-6-1 管理画面が文字化け? (言語定数の設定変更)(2011-12-4)

              • 2-6-2 繰り返し確認しましょう(トラブルシューティング)
                2-6-2 繰り返し確認しましょう(トラブルシューティング)  では、ひきつづきひととおり、いえ繰り返し色々と試してみましょう。  ちゃんとモジュールは動作しているかとか、…続きを読む (2011-12-4)  
              • 2-7 実サイトのアップグレード作業
                2-7 実サイトのアップグレード作業  アップグレードの手順は、ローカル環境の時と同じで、次のような流れで行います。 2-7-1 バックアップ …続きを読む (2011-12-4)  
              • 2-7-1 バックアップ
                2-7-1 バックアップ  さあ、実サーバのアップグレード開始です。・・・で   最初にすることは、まずは実サーバのバックアップ です。  「えっ? この前、ロ…続きを読む (2011-12-4)  
              • 2-7-2 実サイトをアップグレードする
                2-7-2 実サイトをアップグレードする   ここでは、元のURLのまま、既存のXOOPSに上書きしてアップグレードする方法を選択することにします が、サーバの設定変更により PHP4か…続きを読む (2011-12-4)  
              • 2-8 やっておくべき作業
                2-8 やっておくべき作業   ここからの作業は、できるだけ早めに行った方がサイト閉鎖の時間が短くて「吉」 ですね。   ローカル環境のときと同じように、サイトの状態を確認・動作検…続きを読む (2011-12-4)  
              • 2-9 もし、上手く行かなかったら・・・
                2-9 もし、上手く行かなかったら・・・  一度、サイトを真っ新の状態にして、ローカル環境に構築したサイトをそっくり実サーバにアップロードして、データベースも新規作成してローカル環…続きを読む (2011-12-4)  
              • 2-10 上手くアップグレードできたら、いざ公開!
                2-10 上手くアップグレードできたら、いざ公開!  うまくアップグレードが完了できましたか? 大丈夫でしたか?  では、これで全て完了です。  管理画面の「互…続きを読む (2011-12-4)  

              新しくコメントをつける

              題名
              ゲスト名
              投稿本文
              より詳細なコメント入力フォームへ