コンテンツメニュー

XoopsCubeLegacy を使いましょ~♪
    インストールしよう~♪
      ディストリビューション pack2011(XoopsX)
        ディストリビューションpack2011をインストールしよう!
        pack2011にアップグレードしよう!
        XCLのデザイン変更
        デザイナーの為のXOOPSマニュアル
          プロWEB制作者向けXOOPS基礎実習
          今日からあなたもテーマ職人
          basic5を3カラム対応に改造する
          ローカル環境
            WARP
            テーマ
              Colors2x
              Colors3x

              テーマ選択

              screenshot

              (59 テーマ)

              pack2011にアップグレードしよう!

              2-4-7 文字化けしている場合の対処方法

               文字化けしている場合、特にモジュール画面で文字化けしている場合は、languageファイルがなかったり、ちゃんと読めていないことが殆どだと思います。ただし、モジュールがUTF-8に対応していない場合はちょっと面倒です。ここでの選択肢は、次の3つがあります。

               1 UTF-8に対応するlanguageファイル(フォルダ)を追加する(または、UTF-8に変換する)
               2 モジュールをUTF-8対応のものに差し替える(または、UTF-8に変換する)
               3 あきらめる(汗)
               

              1 UTF-8に対応するlanguageファイル(フォルダ)を追加する(または、UTF-8に変換する)

               とりあえずは、まず、文字化けしているモジュールに該当するフォルダ下にあるlanguage(言語)フォルダを確認してみましょう。このあたり、ローカル環境なので、簡単にできますよね。

               多分、languageフォルダにja_utf8フォルダがなく、日本語に関係しそうなのはjapaneseフォルダだけがあるのではないでしょうか?

               その場合は、当該モジュールのオリジナルアーカイブからja_utf8に対応するlanguageファイル(フォルダ)を探してきてコピーするか、今あるjapaneseフォルダ内にある各ファイルをutf-8に変換して流用する方法があります。

               languageはあるけれどjapaneseフォルダしかない場合は、EUC用の文字セットしかない訳ですから、UTF-8用の文字セットを作る必要があります。でも、簡単なんです。(ちょっと面倒ですけど)
              japaneseフォルダをフォルダごとコピーしてja_utf8にリネーム、中に入っているファイル全部をUTF-8に変換するだけで完了です。(一括変換ソフトを使っても良いし、エディターでファイルを読み込んでエンコードをUTF-8に変えて保存する方法でも良いですね。)
               

              2 モジュールをUTF-8対応のものに差し替える(または、UTF-8に変換する)

               ややこしいのは、2の場合

               ちょっと古いモジュールの場合、UTF-8に対応していなかったり、言語ファイルを使わずにプログラム内に直接「文字」が書き込まれていることもあったりします。

               その場合、ネット上からUTF-8に対応したバージョンをダウンロードして差し替えるか、プログラムそのものをUTF-8に変換するなどの作業が必要な場合があります。

               ちなみに、YYBBSなどの古いモジュールの場合、EUC環境で使うことを想定して作られていますので、languageファイルがなかったり、あってもEUCのものだけだったり、一部プログラム内に直接日本語がEUCで書かれていたりするものがあります。
               その場合は、languageファイルをUTF-8対応にするとか、プログラムやテンプレートをUTF-8化する必要があります。

               プログラムやテンプレートをUTF-8化するには、最初にご紹介した KanjiTranslator などの一括変換ソフトを使うと、該当するモジュールのフォルダをして一括変換できるのでとても便利です。
               なお、変換の際は、変換先の文字コードをUTF-8N「UTF-8(BOM無し)」を選択してください。
               

              3 あきらめる(汗)

               あきらめる。これもひとつの選択肢です。(汗)
               
               とは言っても、これからpack2011にアップグレードしようとしているのですから、先にアップグレードしてしまってから、再度、文字化けしているかを確認して対処するという方法も考えられなくもない訳で・・・

               最終的に、文字化けも直らず上手く動作しないというモジュールがあるなら、別のモジュールに切り替える良い時期だと思って、データの移行を行うというのもひとつでしょう。場合によっては、pcak2011を素の状態でインストールして、データを個別に移す方が良い場合もあるかもしれません。

               それとも、文字化けしてどうしようもないモジュールだけアンインストールして、pack2011にアップグレードしてから、再度インストールして・・・などなど、色々な方策が考えられるのではないでしょうか?

               いずれにしても、ローカル環境なら、あせらずじっくり作業ができると思います。
               
              • 2-8 やっておくべき作業
                2-8 やっておくべき作業   ここからの作業は、できるだけ早めに行った方がサイト閉鎖の時間が短くて「吉」 ですね。   ローカル環境のときと同じように、サイトの状態を確認・動作検…続きを読む (2011-12-4)  
              • 2-9 もし、上手く行かなかったら・・・
                2-9 もし、上手く行かなかったら・・・  一度、サイトを真っ新の状態にして、ローカル環境に構築したサイトをそっくり実サーバにアップロードして、データベースも新規作成してローカル環…続きを読む (2011-12-4)  
              • 2-10 上手くアップグレードできたら、いざ公開!
                2-10 上手くアップグレードできたら、いざ公開!  うまくアップグレードが完了できましたか? 大丈夫でしたか?  では、これで全て完了です。  管理画面の「互…続きを読む (2011-12-4)  

              新しくコメントをつける

              題名
              ゲスト名
              投稿本文
              より詳細なコメント入力フォームへ