xoops123さあ、いっしょに XOOPS はじめましょう!

xoops123

5: 2012-05-27 (Sun) 15:23:39 marine source 6: 2012-05-28 (Mon) 09:23:47 marine source
Line 70: Line 70:
-なお、ここで述べているXOOPSは、日本語環境に最適化された最新のXOOPS Cube Legacy2.2のことを言います。+なお、ここで述べているXOOPSは、日本語環境に最適化された最新のXOOPS Cube Legacy2.2とそれをベースにしたディストリビューション XOOPS X (ten) のことを言います。
#br #br
Line 104: Line 104:
そうそう、あと少しで、ブラウザで表示した管理画面上から各種モジュールやテーマのインストールも可能となりますので、より一層便利になることでしょう。 そうそう、あと少しで、ブラウザで表示した管理画面上から各種モジュールやテーマのインストールも可能となりますので、より一層便利になることでしょう。
-ということで、XOOPSで構築できるサイトのサンプルをベースに、実際の構築方法などをご説明することにしましょう。+えっ? まだ判りにくいですか? 
 +では、もう少し具体的に、特徴などを列記してみましょう。 
 + 
 +**XOOPS X (ten) を使う 10(ten)の理由 [#h9d27f5c] 
 + 
 +1 XOOPS X は、2011年から始まった新しい「草の根」ディストリビューションで、XOOPS使いのプロ達が選んだ珠玉のモジュールが入っています。インストールもとっても簡単。 
 + 
 +2 XOOPS X を使うと、「お知らせ」「ブログ」「掲示板(フォーラム)」「画像ギャラリー」「Wiki」「静的ページ」「RSS情報集約ページ」「コミュニティ」「お問い合わせ」などが標準装備、簡単設定で使えます。 
 + 
 +3 XOOPS X は携帯・スマホに標準対応。PCだけじゃなく、スマホや携帯電話で表示や操作ができます。([[HypCommonFuncモジュール:http://xoops.hypweb.net/modules/xpwiki/156.html]]利用) [[HypCommonFuncの詳細はこちら:http://xoops.hypweb.net/modules/xpwiki/156.html]] 
 + 
 +4 Web上でテーマを変えるだけで、サイト全体のデザインが簡単に変えられます。 
 + 
 +5 XOOPS X に標準で入っているレスポンシブウェブデザインのテーマは、あらゆるブラウザの表示幅に対応可能。大きな画面でも小さなディスプレイでも、ブラウザの幅を狭めてもスマホの画面でも、最適な表示を実現してくれます。 
 + 
 +6 XOOPS X に近日採用予定の [[xupdate:http://www.naaon.com/modules/dblog1/index.php?page=detail&bid=485&req_uid=2&mode=category&cid=10009]] モジュールを使うと、管理画面でモジュールの追加やアップデート、テーマの追加もできるので、とっても便利です。 [[xupdateの詳細はこちら:http://www.naaon.com/modules/dblog1/index.php?page=detail&bid=485&req_uid=2&mode=category&cid=10009]] 
 + 
 +7 XOOPS X に近日採用予定の [[xelFider:http://xoops.hypweb.net/modules/xpwiki/6058.html]] モジュールを使うと、画像のアップロードが簡単、web上でサイズ変更なども可能。さらに異なるモジュールで投稿した既存画像を別のモジュールで使うこともできるので、投稿画像の有効活用ができます。 [[xelFinderの詳細はこちら:http://xoops.hypweb.net/modules/xpwiki/6058.html]] 
 + 
 +8 [[HypCommonFunc:http://xoops.hypweb.net/modules/xpwiki/156.html]] + [[xelFinder:http://xoops.hypweb.net/modules/xpwiki/6058.html]] モジュールで、どこでも簡単にリッチなページ編集が可能です。(同封されている [[xpWiki:http://xoops.hypweb.net/modules/xpwiki/342.html]] モジュールを導入するとさらに幸せに・・・) 
 + 
 +9 XOOPS X のブログモジュールは、簡単操作のものからWordpress同等の高度なものまで好みに応じて選び放題。Wordpress 同等の [[xpressMe:http://ja.xpressme.info/]] を使えば、Wordpress の機能や技も使い放題です。 
 + 
 +10 XOOPS X を使えば、会員制サイトも簡単構築。OpenIDなどによるログイン機能もあるので、ユーザーフレンドリーなサイトが作れます。 
 + 
 +どうですか? ご理解いただけましたでしょうか? 
 +え~? まだ? 具体的なサイトのイメージが湧かない? 
 + 
 +了解しました。では、XOOPSで構築できるサイトのサンプルをベースに、実際の構築方法などをご説明することにしましょう。
#br #br
 +**XOOPS X で「できる」サイトの具体例 [#qd9a3750]
&font(16pt){''&font(Green){[[XOOPS X (ten)]]を使うと、こんなサイトが作れますよ~(o^^o)};''}; &font(16pt){''&font(Green){[[XOOPS X (ten)]]を使うと、こんなサイトが作れますよ~(o^^o)};''};
Line 122: Line 151:
でも、まずはサンプルサイトを見ていただき、どんなものができるかイメージしてくださいね。 でも、まずはサンプルサイトを見ていただき、どんなものができるかイメージしてくださいね。
 +ということで1番手は、[[ブログ+画像アルバム+掲示板:http://blog.xoops123.com/]]のサイトサンプルをご覧下さい。[[サンプルサイトはこちら:http://blog.xoops123.com/]]


Front page   Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 69752, today: 1, yesterday: 10