xoops123さあ、いっしょに XOOPS はじめましょう!

xoops123

0 準備 anchor.png

 まず最初に、レンタルサーバでデータベース作成・インストールパスを確認します。
 XOOPSをインストールするには、先にデータベース(MySQL)を作成しておく必要があります。作成方法等については、レンタルサーバごとに違いますので、詳しくはサーバ会社のマニュアル等をご確認ください。
 MySQLのデータベースは他のCMS等と共用することも可能ですが、出来ればXOOPS専用に1個利用する方が良いでしょう。

 データベースが作成出来たら、データベースのホスト名、ユーザ名、パスワード、データベース名を確認してメモしておきましょう。また、XOOPSをインストールするサーバのパスとURLも確認しておいてください。

 準備について、詳しくはこちらをご覧ください。

 CGIインストーラのダウンロードはこちら


Page Top

1 FTPソフトでsetup.cgiをアップロード anchor.png

 setup.cgiを使うととても簡単にXOOPSのインストールができます。
 ただし、1回だけFTPソフトを使う場面があります。
  FTPソフトでsetup.cgiをアップロード
  FTPソフトでsetup.cgiのパーミッション変更(実行権限700等)


 アップロード先は、これからXOOPSをインストールしたい箇所、例えば http://hoge.jp/ でXOOPSを動作させるなら、それに対応したディレクトリです。

 通常、レンタルサーバなどでは、public_htmlディレクトリを利用する場合が多いですね。
  例:/home/hogehoge/hoge.jp/public_html/

 アップロードできたら、FTPソフトで実行権限(パーミッション700)などを与えてください。
 cgiの実行権限については、サーバ会社によって異なる場合があるので、詳細は各サーバ会社の設定方法等の説明をご確認ください。この設定が終わったらFTPソフトは利用しませんので、閉じていただいて結構です。

Page Top

2 ブラウザでsetup.cgiにアクセスしてセットアップ anchor.png

 ここからはブラウザを利用します。ブラウザで当該サイトのsetup.cgiにアクセスします。

 15.28.png
Page Top

2-1 セットアップページの表示 anchor.png

 cgiが正常動作している場合、セットアップページが表示されます。
 もし正常に表示されない場合は、setup.cgiのパーミッション設定が間違っているかもしれませんので、FTPソフトを起動して見直してください。

 20.38.png

 ここでは、xoops_trust_pathのパス(レンタルサーバ上の保存場所)を設定(記入)します。
 出来る限り、「インターネットからアクセスできない所(非公開側)」に設定するようにしてください。これにより安全に運用することが出来ます。(一部のレンタルサーバでは、ユーザーが非公開側を利用することが出来ないものもあります。)
  例:/home/hogehoge/hoge.jp/ xoops_trust_path

 記入できたら、下にある「OK&アップロード&少々お待ちください」ボタンを押してください。セットアップが開始されます。

Page Top

2-2 サーバ上にファイルが配置される anchor.png

「クリックしてXOOPS Cube Legacyのインストーラーへ進む」ボタンを押してください。インストールウィザードの画面に切り替わります。

 21.44.png
Page Top

2-3 インストールウィザード anchor.png

Page Top

2-3-1  ウィザードの開始 anchor.png

 ここからは、通常のインストールと変わりません。
 言語は、表示された「ja_utf8」のままで結構です。右下の矢印ボタンを押しましょう。

 22.15.png
Page Top

2-3-2 イントロダクション anchor.png

 イントロダクションが表示されますが、特に何も設定等は必要ありません。右下の矢印ボタンを押してください。

 22.45.png
Page Top

2-3-3  アクセス権のチェック anchor.png

 アクセス権のチェック画面が表示されます。
 「アクセス権に問題はありません」と表示されていたらOK。右下の矢印ボタンを押しましょう。

 23.10.png
Page Top

2-3-4 データベース、およびパス・URLの設定画面 anchor.png

 データベース、およびパス・URLの設定画面が表示されます。

 23.33.png

 あらかじめ確認しておいたデータベースのホスト名、データベースのユーザ名、データベースのパスワード、データベース名を入力してください。

 テーブル接頭語やSALTは通常表示されているままで結構です。

 XOOPS CubeへのパスとXOOPS_TRUST_PATHが間違っていないか確認しましょう。よければ右下の矢印ボタンを押してください。

Page Top

2-3-5 設定内容の確認画面 anchor.png

 設定内容の確認画面が表示されます。問題なければ右下の矢印ボタンを押してください。

 25.25.png
Page Top

2-3-6  設定の保存 確認画面 anchor.png

 設定の保存画面が表示されます。
 正常に書き込みが完了したら、右下の矢印ボタンを押してください。

 25.41.png
Page Top

2-3-7 アクセス権のチェック画面 anchor.png

 アクセス権のチェック画面が表示されます。問題がなければ、右下の矢印ボタンを押してください。

 25.51.png
Page Top

2-3-8 パス・URLのチェック画面 anchor.png

 パス・URLのチェック画面が表示されます。問題がなければ、右下の矢印ボタンを押してください。

 26.03.png
Page Top

2-3-9  データベース設定の確認画面 anchor.png

 データベース設定の確認画面が表示されます。間違いがなければ、右下の矢印ボタンを押してください。

 26.16.png
Page Top

2-3-10 データベースのチェック画面 anchor.png

 データベースのチェック画面が表示されます。問題がなければ、右下の矢印ボタンを押してください。

 26.32.png
Page Top

2-3-11 データベーステーブル作成 anchor.png

 データベーステーブルが作成されます。問題がなければ、右下の矢印ボタンを押してください。

 26.43.png
Page Top

2-3-12 サイト管理者に関する基本設定 anchor.png

 サイト管理者に関する基本設定を行います。
 管理者ユーザ名とメールアドレス、パスワードを入力してください。

 26.56.png

 ここで設定したユーザ名とパスワードで管理者用ページにログインしますので、忘れないようにメモしておくと良いでしょう。メールアドレスは後で設定変更することも可能です。タイムゾーンはGMT+9:00 東京・・・とします。

 入力が終わったら「完了」ボタンを押してください。

Page Top

2-3-13 データの生成画面 anchor.png

 データの生成画面が表示されます。問題がなければ、右下の矢印ボタンを押してください。

 27.36.png
Page Top

2-3-14 インストールの第1ステップ完了 anchor.png

 インストールの第1ステップ完了画面が表示されます。右下の矢印ボタンを押すと第2ステップに移ります。

 27.55.png
Page Top

2-3-15 必須モジュールの導入を促す画面 anchor.png

 必須モジュールの導入を促す画面が表示されますので、「インストール」ボタンを押してください。

 28.54.png
Page Top

2-3-16 第2ステップ完了(インストール成功) anchor.png

 この画面が表示されたら第2ステップ完了です。インストールが成功しました。おめでとうございます。

 29.31.png
Page Top

3 画面をカスタマイズしましょう! anchor.png

 せっかくインストールしたのですから、一気に画面表示までカスタマイズしてしまいましょう。カスタマイズと言ってもとても簡単ですよ。
 ここでは、管理者用のテーマと公開側のテーマを変更してみます。管理者用のテーマはとても使いやすくてオススメです。

 では、公開側ページのユーザーメニューから「管理者メニュー」をクリックしてください。

 30.18.png 管理画面に移ったら、左側にあるメニュー一覧の「導入・アップデート管理」をクリックしてください。

Page Top

3-1 管理画面のテーマ変更 anchor.png

 メニューから「テーマ」を選び、テーマ「Admin」欄の操作アイコンをクリックしてください。

 32.12.png

 テーマ「Admin」導入画面になったら、「取得して配置」ボタンを押してください。

 33.51.png

 管理者用のテーマが適用されて、見栄えがガラッと変わります。

 34.15.png

 えっ? 色合いが地味ですか?
 大丈夫! このテーマは、色合いを自由に変えられるので、好きな色合いに変えてみましょう。左下の2つのスライダーを操作してみてください。

 34.32.png

 今回は、緑色ベースにしてみました。

 35.10.png
Page Top

3-2  公開側のテーマ変更 anchor.png

 もうひとつ、ついでに公開側のテーマを変更してみます。
 先ほどの「テーマ」一覧に戻って、その中からお好みのテーマを選びます。ここでは、「trendy」というテーマをインストールしてみましょう。

 36.15.png

 右側の「操作アインコン」をクリックしてください。

 36.32.png

 先ほどの管理者用テーマと同じく、導入画面に切り替わりますので、「配置して取得」ボタンを押してください。

 37.00.png

 「完了しました」と表示が出たらOKですが、テーマの利用設定を行わないと公開側で表示されるテーマは元のままです。

 38.07.png では設定してみましょう。管理画面の左メニュー一覧で、「互換モジュール」の「テーマの管理」を選択してください。



 XOOPSインストール直後は、デフォルトテーマであるPack2011_defaultが設定された状態になっています。

 38.24.png

 では、これを先ほどインストールしたテーマ「trendy」に変更してみましょう。
 右側の操作欄の□にチェックを入れて、「選択」ボタンを押します。

 39.12.png

 最後に一番下の「送信」ボタンを押すと完了です。

 では、管理画面右上にある「ホームページ」をクリックして、公開側を確認してみましょう。

 46.21.png

 はい。このとおり、公開側のテーマも変更することができました。
 お疲れ様でした。


新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 3284, today: 2, yesterday: 3
初版日時: 2015-12-31 (木) 10:21:42
最終更新: 2015-12-31 (木) 12:29:21 (JST) (453d) by marine