コンテンツメニュー

XoopsCubeLegacy を使いましょ~♪
    インストールしよう~♪
      ディストリビューション pack2011(XoopsX)
        ディストリビューションpack2011をインストールしよう!
        pack2011にアップグレードしよう!
        XCLのデザイン変更
        デザイナーの為のXOOPSマニュアル
          プロWEB制作者向けXOOPS基礎実習
          今日からあなたもテーマ職人
          basic5を3カラム対応に改造する
          ローカル環境
            WARP
            テーマ
              Colors2x
              Colors3x

              テーマ選択

              screenshot

              (59 テーマ)

              basic5を3カラム対応に改造する

              テーマファイル内での記述の意味

               ここまで来ると、何となくテーマファイル内でどういう感じになっているか、雰囲気がつかめて来たのではないでしょうか?

               えっ?? 英文とか記号の羅列で判らない・・・ですって?

               う~ん、しょうがないですねぇ~
               ちょっと日本語で説明してみましょうかね。
               
              <1 もし、左ブロックがひとつでもあったら、この中に書かれている文を実行してね~>
               <2 データベースを確認して、XOOPSの左ブロックというデータがあったらひとつずつ実行>
                <div>
                 <もしブロックタイトルの中に「none」という文字列があったら、ブロックタイトルは表示しない。なかったら、ブロックタイトルを表示する>
                 <ブロックコンテンツを表示する>
                </div>
               <データの数だけ2の繰り返し。>
              <1 の条件終わり>

              という感じで、データベースの中を次々と確認していって、条件に合ったものを抽出して表示するという行程を行ってくれているという訳ですね。

              新しくコメントをつける

              題名
              ゲスト名
              投稿本文
              より詳細なコメント入力フォームへ