コンテンツメニュー

XoopsCubeLegacy を使いましょ~♪
    インストールしよう~♪
      ディストリビューション pack2011(XoopsX)
        ディストリビューションpack2011をインストールしよう!
        pack2011にアップグレードしよう!
        XCLのデザイン変更
        デザイナーの為のXOOPSマニュアル
          プロWEB制作者向けXOOPS基礎実習
          今日からあなたもテーマ職人
          basic5を3カラム対応に改造する
          ローカル環境
            WARP
            テーマ
              Colors2x
              Colors3x

              テーマ選択

              screenshot

              (59 テーマ)

              basic5を3カラム対応に改造する

              3カラム対応に改造する

               はい。ここからが本番です。

               エディターで、theme.htmlファイルを開いてみましょう。
               そして、119行目から136行目あたりに注目! (ここでいう行は、いわゆる「エディター的な行」のことで、ワープロのように画面上で折り返されている場合でも、改行コードがない限り1行として取り扱っている場合をいいます。)

               <aside class="sidebar"> と書かれている部分から、</aside> で閉じている部分が左右カラムに関する記述です。



               ソースを書くとこんな感じ・・・
              <aside class="sidebar">
                  <{if $xoops_showlblock == 1}>
                      <{foreach item=block from=$xoops_lblocks name=lbloop}>
                      <div>
                          <{if ! $block.title|strstr:"none"}><h4><{$block.title}></h4><{/if}>
                          <{$block.content}>
                      </div>
                      <{/foreach}>
                  <{/if}>
                  <{if $xoops_showrblock == 1}>
                      <{foreach item=block from=$xoops_rblocks name=rbloop}>
                          <div>
                              <{if ! $block.title|strstr:"none"}><h4><{$block.title}></h4><{/if}>
                              <{$block.content}>
                          </div>
                      <{/foreach}>
                  <{/if}>
              </aside>

               その中で、<{if $xoops_showlblock == 1}> から始まって、<{/if}> で終わる部分が、左ブロックの有無によって表示・非表示を切り替える条件文、その下にある <{if $xoops_showrblock == 1}> から始まる部分が右ブロックに関する記述となっています。

              新しくコメントをつける

              題名
              ゲスト名
              投稿本文
              より詳細なコメント入力フォームへ