コンテンツメニュー

XoopsCubeLegacy を使いましょ~♪
    インストールしよう~♪
      ディストリビューション pack2011(XoopsX)
        ディストリビューションpack2011をインストールしよう!
        pack2011にアップグレードしよう!
        XCLのデザイン変更
        デザイナーの為のXOOPSマニュアル
          プロWEB制作者向けXOOPS基礎実習
          今日からあなたもテーマ職人
          basic5を3カラム対応に改造する
          ローカル環境
            WARP
            テーマ
              Colors2x
              Colors3x

              テーマ選択

              screenshot

              (59 テーマ)

              ディストリビューションpack2011をインストールしよう!

              9 サイトが表示されたら・・・

              9-1 初めての管理画面

              では、まずは管理画面を見てみましょう。

              XCLでは、モジュールやテーマのインストール、ブロックの配置変更など、殆どの操作を管理画面で行うことができます。

              トップページのユーザメニューにある「管理者メニュー」をクリックしてください。

               

              管理画面が表示されます。

              ここの時点では、mainfile.phpファイルのパーミッション変更が済んでなかったので、変更を促す注意が表示されています。この注意が表示されていたら、すぐに変更作業を行ってください。 444とか400にするのが良いでしょう。

              XCLは、2.2にバージョンアップしてから、サイトやシステムの情報が表示されるようになりました。

              以下は、WARPにインストールしたpack2011の情報です。

              サイト/システム情報
              XC Legacyバージョン : XOOPS Cube Legacy 2.2.1 Beta1
              デフォルト・サイトテーマ : pack2011_default
              デフォルトのテンプレート・セット : default
              使用言語 : ja_utf8
              デバッグモードを有効にする : PHPデバグ
              オペレーティングシステム : Windows
              サーバー : Apache/2.0.59 (Win32) mod_ssl/2.0.59 OpenSSL/0.9.7j DAV/2 PHP/5.2.3
              ユーザーエージェント : Mozilla/5.0 (Windows NT 5.1; rv:8.0) Gecko/20100101 Firefox/8.0
              PHPバージョン : 5.2.3
              MySQLのバージョン : 5.0.41-community-nt

              余談ですが、もしXUGJ等の掲示板で質問をする場合には、このようなサイト・システム情報を一緒に書き込んでおくと、回答してもらいやすくなりますよ。

              •   »  Sec9-1. 初めての管理画面(2011-11-24)

              • Sec9-2. 管理画面で設定しておくべきこと
                9 管理画面の表示(初めての管理画面) 9-2 管理画面で設定しておくべきこと ここまで来たら、本当のインストール完了! さて、追加モジュールをインストー…続きを読む (2011-11-24)  
              • Sec10. Protectorの設定
                10 Protectorの設定 Protectorは、XCLのセキュリティを高めてくれる有用なモジュールです。 詳しい説明は別サイトに譲るとして、ここではやっておいた…続きを読む (2011-11-24)  
              • 最新のディストリビューション XoopsX (ten)
                最新のディストリビューション XoopsX (ten) 2013年現在、pack2011に変わる新しいディストリビューション XoopsX がリリースされています。 XoopsXでは、p…続きを読む (2013-10-14)  

              コメント一覧

              投稿ツリー


              新しくコメントをつける

              題名
              ゲスト名
              投稿本文
              より詳細なコメント入力フォームへ
              kuma   投稿日時 2012/8/27 11:06

              解消出来ました。ありがとうございます。

              marine  投稿日時 2012/8/25 22:05

              kumaさん、はじめまして。

              "register_globals" が "on" の状態は、確かにセキュリティ的に推奨されない状態ですよね。
              ただ、解消方法ですけど、ご利用になっているサーバ会社によって方法が異なると思います。

              基本的には、PHPの設定を行っている php.ini を変更するのですけど、サーバ会社によっては、管理画面でこれらの設定変更できるものもあれば、.htaccess を設置して変更するものもあるようです。

              一度、ご利用になっているサーバ会社の管理画面あたりでご確認くださいませ。

              kuma   投稿日時 2012/8/25 10:40

              はじめまして・・・
              このような質問をしたら笑われるかもしれませんがちょっと教えてください。
              管理メニューで下記のメッセージが表示されました。
              注意:PHPの設定環境の中で、"register_globals" が "on"になっています。(サイトの脆弱につながる危険性があります。)
              これを解消するにはどのようにすればよろしいでしょうか?
              教えてください。