コンテンツメニュー

XoopsCubeLegacy を使いましょ~♪
    インストールしよう~♪
      ディストリビューション pack2011(XoopsX)
        ディストリビューションpack2011をインストールしよう!
        pack2011にアップグレードしよう!
        XCLのデザイン変更
        デザイナーの為のXOOPSマニュアル
          プロWEB制作者向けXOOPS基礎実習
          今日からあなたもテーマ職人
          basic5を3カラム対応に改造する
          ローカル環境
            WARP
            テーマ
              Colors2x
              Colors3x

              テーマ選択

              screenshot

              (59 テーマ)

              WARP

              2、カスタマイズしよう

              (1)Xoops Cube Legacy 2.2のディレクトリ構造

              WARP_xcl22なら、インストールされているXoops Cube Legacy 2.2をカスタマイズするのも自由自在です。ローカルで編集したら、直ぐに結果を確認することができます。

              では、ディレクトリ構造を確認してみましょう。

               WARPでは、図のとおりWドライブ下に展開されている各フォルダのうち、home配下のwarp/htmlが公開側のルートとなります。


              そして、html下にあるxcl22がインストール済みのXoops Cube Legacy 2.2のディレクトリです。 ですから、http://localhost/xcl22/というアドレスになるという訳ですね。

              また、trust_pathについては、xcl22_trust_pathという名称で、公開側より上に配置しています。 つまり、このxcl22をカスタマイズするには、それぞれのディレクトリ構造を理解した上で、必要なファイルを弄るということになります。  

              ということで、W:\home\warp\html\xcl22にあるmainfile.phpを見てみるとパス設定は次のようになっています。


              define('XOOPS_ROOT_PATH', 'W:/home/warp/html/xcl22');
              define('XOOPS_TRUST_PATH', 'W:/home/warp/xcl22_trust_path');
              define('XOOPS_URL', 'http://localhost/xcl22');

              また、mainfile.phpの下の方を見ると、データベースに関する記述があります。


              define('XOOPS_DB_PREFIX', 'e3a72c');
              define('XOOPS_SALT', '7300689d');
              define('XOOPS_DB_HOST', 'localhost');
              define('XOOPS_DB_USER', 'root');
              define('XOOPS_DB_PASS', 'root');
              define('XOOPS_DB_NAME', 'xcl22');

              もちろん、これは皆さんに広く公開しているローカル環境に関することだから書けることで、実際のサイトに関する記述などは、絶対に秘密にしておかなくてはいけません。

              (2)カスタマイズのヒント

              さあ、ここからは・・・良く解説として書かれているXoopsカスタマイズの方法と同様に作業を行うことができます。

              というより、実際のサイトでいきなりカスタマイズ作業を始めるのではなく、このようなローカル環境で作業を行って上手く行くことが確認できてから、実サイトのカスタマイズに取りかかるのが正解です。

              場合によっては、ローカル環境でカスタマイズしたファイルを実サイトにアップロードするとか、ローカル環境のAltsysで編集した内容を実サイトのAltsysの編集画面にて貼り付け反映させる等の方法をとると良いでしょう。

              (3)テーマのカスタマイズ

              テーマのカスタマイズは、大きくわけて 既存テーマをカスタマイズする 既存テーマをコピーしてカスタマイズする スクラッチで作成する と3つの方法があると思います。(詳しくは、XUGJのテーマカスタマイズに関する項目をご覧ください。)  

              • WARPって、なに?
                WARPって、なに? ここではWARPをご紹介してますが、2012年現在、より実サイトに近い「どこでもXOOPS」をリリースしましたので、そちらがお奨めです。( 「どこでもXOOPS」とは? …続きを読む (2011-7-24)  
              • 1、WARP xcl22 を試そう
                1、WARP xcl22 を試そう XCL2.2をすぐに試したいなら、WARP xcl22配布アドレスからzipファイルをダウンロードします。 とてもお手軽にXCL2.2体験ができます。 …続きを読む (2011-7-24)  
              •   »  2、カスタマイズしよう(2011-7-24)

              • 3、実サイトのバックアップと動作確認
                3、実サイトのバックアップとローカル環境での動作確認 Windowsでは、実サイトのパーミッション設定等が引き継がれないので、バックアップ先をWindowsマシンにするのは余り良い方法ではない…続きを読む (2011-7-24)  
              • 4、WARPの終了方法
                4、WARPの終了方法  WARPは終了するのも簡単です。 起動した時と同じようにWARP_xcl22フォルダを開いて、Stop.batをダブルクリックするだけです。(Win…続きを読む (2011-7-24)  

              新しくコメントをつける

              題名
              ゲスト名
              投稿本文
              より詳細なコメント入力フォームへ